このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか?

ミニバンと言えばどんな車を連想されるでしょうか。
7人乗りや8人乗りの大型の乗用車もミニではないのになぜか「ミニバン」と呼ばれています。

 

普段私たちは、なんとなく「ミニバン」と呼んでいますが、ベルファイアやエルグランドなどは、どう考えても「ミニ」ではありませんよね。
それなのに「ミニバン」と呼ばれるのはどうしてでしょうか。

 

そんな「ミニバン」と呼ばれる車たちについてご説明します。

 

■ミニバンの「バン」は商用車という意味?

 

そもそも、「バン」(Van)という言葉には「商用車(貨物車)」という意味があります。
日本でも商用車のことをバンと呼びますが、「ミニバン」で言うところの「バン」は商用車をさしているわけではありません。
むしろ乗用車で、車高が高く、7名?8名乗車可能な車のことを指すことが多いようです。

 

では、なぜ「ミニバン」と呼ばれるようになったのでしょうか。

 

■昔は「ミニバン」と呼んで無かった?

 

日本で初めてのミニバンと考えられているのは、1975年の東京モーターショーに参考出品された「トヨタ・マルチパーパスワゴンMP-1」です。

 

その後、1982年に「ニッサン・プレーリー」や「三菱・シャリオ」が発売されますが、シャリオが「SSW(スーパー・スペース・ワゴン)」という名称で開発されていることを考えても、当初から「ミニバン」という呼び名が日本にあったとは考えられません。

 

同様に、ヨーロッパではこのような多人数が乗車可能な車のことを、MPVとか、ピープルムーバー、モノスペースなどと呼ぶことが多いそです。
「マツダ・MPV」などは、ヨーロッパの車のカテゴリーをそのまま車名にしているわけですね。

 

■「ミニバン」の語源はアメリカから

 

アメリカでは、全長5メートル以上の大型の貨物や業務用のVan(バン)に対して、一般的な乗用車と同じモノコックシャーシを使用して、FF化、小型化したものを「ミニバン」と呼ぶようになりました。
そして、それまでの「バン」は「フルサイズバン」と呼ばれるようになりました。

 

アメリカで、この「ミニバン」という呼び名は、クライスラーのダッジ・キャラバンや、プリマス・ボイジャーが始まりだったと言われています。

 

そして、この「ミニバン」をアメリカのアッパーミドル層の教育熱心なお母さんたち(サッカーマム)が子供を送迎する車としてこぞって利用したため、ヒットしたのです。
それは、ミニバンがFFの乗用車ベースで床が低く乗り降りしやすく、乗り心地も乗用車並に良かったことが要因だったと言われています。

 

それに対して、日本では1970年代からトヨタのノア・ボクシー、日産のセレナの前身となる1BOXの商用バンを乗用車化したトヨタのタウンエースやライトエース、日産バネットなどがありました。
しかし、これらは商用バンを乗用車に転用しただけのものであり、決して使い勝手の良いものとは言えないものでした。

 

その後、80年代にかけて乗用車ベースの多人数が乗れる車としてトヨタのエスティマなどが発売されましたが、「ミニバン」という呼び名は使用されず、「ワンボックスカー」と呼ばれていました。

 

■日本での「ミニバン」の始まり

 

日本で「ミニバン」という呼び名がメジャーになったのは80年代の後半の事です。
1987年に登場したシボレー・アストラはアメリカで大人気になりました。

 

その人気が日本に波及し、アメリカから日本にアストラなどのミニバンがたくさん輸入されるようになりました
日本に輸入されたミニバンは、豪華な内装やエアロパーツでカスタマイズされた個体が多かったためか、ミニバンと言えば豪華で押し出しの強い感ものというイメージが定着したようです。

 

また、ボンネットバンといわれるアメリカ独自の1.5BOXのボディー形状もミニバンのアイコンとして定着しました。

 

そんなアメリカの「ミニバン」の流行を目の当たりにした国産メーカーが、こぞって同様な車を作り始めたことが、現在の「ミニバン」という呼び方の始まりとなったと考えられます。

 

トヨタ・アルファードや、ニッサン・エルグランドと言った大型サイズの車種までも全て「ミニバン」と呼ばれるのには、このような理由があるのです。

 

そして、日本の「ミニバン」という呼び名は、ボンネットバンの形をした、比較的大きなサイズの車というだけではなく、さまざまなバリエーションの車にも広がっていきます。
そう、「ミニバン」という呼び名が、日本独自の進化を始めたわけです。

 

■究極の低床化ミニバンオデッセイ

 

ホンダ・オデッセイはミニバンの中でも全高の低いボディー形状が特徴です。
しかし、乗ってみると室内の高さは他のミニバンにも劣らないものを持っています。
それは、ホンダ独自の低床化技術によるもので、低床化によって低重心を実現し、乗用車と同様の操縦安定性を手に入れたことも人気の要因の一つとなりました。

 

■ミッドシップのワンモーションフォルムが特徴のエスティマ

 

エスティマは、1BOXでも1.5BOXでもないワンモーションフォルムをまとったミニバンとして注目を集めました。
エンジンを車体の中央に配置したミッドシップレイアウトであるため、操縦安定性も高く、独自の人気を保っています。

 

そして現行のエスティマは2006年から3回のマイナーチェンジを経て、10年という異例に長いモデルスパンを誇ります。
つい最近もマイナーチェンジし、更に魅力を増しています。

 

■コンパクトクラス、軽自動車にもミニバンの波

 

最近モデルチェンジしたホンダ・フリードはコンパクトサイズのミニバンの流行を作ったと言っても良い車種です。

 

トヨタ・シエンタも同様に、4.2メーターほどの全長に7名乗車を可能にしている点、両側スライドドアによって、それまでの「ミニバンは大きくて持てあます」と感じていた家族層などに大いに受け、ヒットしています。

 

そして、軽自動車にもミニバンの波は波及しています。
法規上3列シートは無理な軽自動車ですが、スズキのワゴンR、ダイハツのムーヴから始まるトールワゴンタイプの軽自動車も「ミニバン」と呼ばれることがあります。

 

スズキ・パレット、ダイハツ・タントやウェイク、ホンダ・NBOXなどはスライドドアまでも装備しているので、まさにミニバンと呼んでしまっても良さそうです。

 

■ミニバンの明確な定義は難しい。でも、広くて便利な車は楽しい

 

このように、「ミニバン」の語源は、アメリカのフルサイズバンと比較して小さなバンのことを「ミニバン」と呼んだことから始まりました。

 

しかし、現在の日本ではこの語源の意味は薄れていて、スライドドアがあり、車内で移動できるぐらい車室内の高さがある便利な車は全て「ミニバン」と呼ばれていると言ってもよいほどです。

 

「ミニバン」というカテゴリーを明確に線引きすることは難しそうですが、難しいことを考えず、多人数で乗れて、広くて便利で楽しく使える車は、みんな「ミニバン」と呼んでしまっても良いのかもしれません。

 

中古車,査定

中古車,査定中古車,査定

 

高額査定が続々!一括査定を試した結果は?

ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか?ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!
ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか?年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。
年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか?結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。
社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか?

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか? ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか? ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか? ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか? ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか? ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか?
ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか? ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか? ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか? ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか? ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか? ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか?
ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか? ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか? ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか? ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか? ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか? ミニバンは大きいのになぜ「ミニ」バンと呼ぶのか?

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ドライブレコーダーって何だろう?
最近よく耳にするドライブレコーダー。一体どんなもの?どんな役割?ドライブレコーダーのアレコレ徹底解説。
バッテリーの寿命と交換する目安
バッテリー交換は安くありません。スタンドなどのセールストークに騙されてまだ使えるバッテリーを交換す事がないように、自分で判断できる正しい知識を身につけましょう。
低公害車(エコカー)とは?
低公害車(エコカー)ってよく耳にするけど、いったいなにがエコなの?いまさら聞けないそんな疑問。ここでこっそり学んで恥ずかしくないようにしておきましょう。
カーシェアリングとは?
最近よく聞くカーシェアリング。普通に車を持つのと何が違うの?誰とどんなふうにシェアするの?カーシェアリングについてまったく知らない方向けに、初歩の初歩を解説しています。
エコカー減税とは?今さら聞けないあなたのために
2009年に導入されたエコカー減税。エコな車を買えば税金が安くなるらしいけど、それ以上のことは正直知らない。そもそもまだ続いてるの?そんなあなたのために、もう少しだけ噛み砕いて説明します!
エコカー減税はいつまで?2015年は対象車が大激減!
2015年度以降も延長が決定したエコカー減税。しかし、従来よりも燃費基準が厳しくなり、減税の対象となる車種が大幅に減る見通しです。車の買い替えを検討中なら、この制度変更をしっかりおさえておきましょう。
【2015年3月31日まで!】エコカー減税対象車リスト
2015年4月1日からエコカー減税に新基準が設けられ車種が少なくなりそうです。2015年3月いっぱいまでが旧基準の減税を受ける最後のチャンスです。
マツダのスカイアクティブって何がスゴイの?
導入以来、マツダが絶好調だという「スカイアクティブ(SKYACTIV)」。いったいどんな技術で、何が変わったの?クルマ好きでもけっこう知らないスカイアクティブについてここでこっそり知っておきましょう。
あなたの車は大丈夫?立体駐車場のサイズ制限
マンション暮らしの際に頭が痛いのが、立体駐車場の高さ制限。どれくらいなら大丈夫なの?ミニバンやSUVで入るモデルってある?引っ越してから車が入らない!なんてことにならないために。
購入前に知っておきたい立体駐車場に入る車種一覧
車を選ぶときに頭を悩ます立体駐車場。住んでいる場所のせいで1550mm以下の車じゃないと入れられなくて悩んでいる方って多いですよね。そんな方の為に立体駐車場に入るミニバンやSUVのリストを紹介します。
買うならモデル末期がお得ってどういうこと?
新型モデルの発売が近いからこそ、あえてモデル末期の現行車種を選んだほうが賢い?その理由をズバリ解説します。
【パパママ必見】乗り降りが楽で子育て世代向きの車はこれだ!
独身の頃は自分の好み優先で見た目や走りの良さを基準に車を選べても、子どもができるとそうはいきません。そこで、子育て世代のパパママにピッタリな乗り降りが楽で使いやすい車をピックアップしてみました!
【増税】新車登録から13年経過した自動車は税金が上がる!?
知ってましたか?新車登録から13年以上経過した車を所有していると自動車税の負担がさらにアップすることを。意外に知られていないこの税制についてカンタンにまとめてみました!
電気自動車で話題のテスラ、いったい何がどうスゴイの?
アメリカの電気自動車専門メーカー「テスラ」をご存じでしょうか。最近予約が始まったテスラ・モデル3は、まだ販売されてもいないのに40万台分の予約を2週間で集めたそうです。このテスラの作る自動車は一体何がスゴイのか?ポイントを見て行きましょう。
【2016年版】いま買うべきオススメのミニバンはこれだ!<前編>
ゆったりとした室内で、人や物をたくさん載せて楽しく移動できる乗り物。子供がいる家庭はもとより、独身の方でもみんなとワイワイ遊びに行きたいというニーズはあるはずです。 そんなニーズにしっかり答えてくれるのがミニバンです。特に、国産のミニバンにはいろいろなアイディアや仕掛けが盛りだくさん。各社が使い勝手や走行性能にしのぎを削っています。そんなミニバンの2016年のオススメ車両をご紹介いたします。
【2016年版】いま買うべきオススメのミニバンはこれだ!<中編>
3回に分けてお送りしています、「【2016年版】いま買うべきオススメのミニバンはこれだ!」ですが、2回目の今回は、Mサイズのミニバンを取り上げます。Mサイズのミニバンはファミリー層に人気のカテゴリーで、実力車揃いです。
【2016年版】いま買うべきオススメのミニバンはこれだ!<後編>
3回に分けてお送りしています、「【2016年版】いま買うべきオススメのミニバンはこれだ!」。3回目の今回は、Lサイズのミニバンを取り上げます。ミニバン好きなら憧れのクラスですね!
選んで間違いなし!おすすめの最新エコカー6選
燃費性能に優れ、環境にやさしい車として注目されるエコカー。近年はエコカーの種類が増えているため、どの車種を選べばよいのか迷ってしまうかもしれませんね。そこでこの記事では、おすすめの最新エコカーを6車種ご紹介します。
家族持ちでも諦めきれない!マツダロードスターの魅力!
世界中の車ファンが注目する中、2015年5月に発売されたマツダロードスター。「ロードスターは欲しいけど家族に反対されそう…」と、悩んでいる方もおられるかもしれませんね。ファミリー向けの車とはいい難いのが現実ですが、その素晴らしさを家族にも理解してもらうために、本記事でロードスターの魅力を詳しくチェックしていきましょう。
なぜフェラーリは中古車価格が下がらないのか?
高級スポーツカーブランドの代名詞的存在、フェラーリ。その新車価格は安くても2,500万円。中古市場に安いフェラーリを求める方も多くおられることでしょう。ところが、フェラーリの中古車価格は思いのほか高額。なぜ、フェラーリの中古車は高額な価格をキープできるのでしょうか?
ポルシェがSUVを作る理由。 ラインナップ拡大の背景にある狙いとは?
世界トップクラスのスポーツカーメーカーであるポルシェ。しかし、近年は「カイエン」などのSUVを見かける機会が多くなりました。かつてはスポーツカー専業だったポルシェが、なぜ拡大路線に踏み切ったのでしょうか。その理由や今後の展望について、本文で探ってみましょう。
ポルシェ・マカンとカイエンはどう違う? 売上の過半数を占める両車を比較!
ポルシェ初のSUV「カイエンS」が発売されてから、はや十数年。2014年には弟分「マカン」が登場し、いまやポルシェはSUVを作るメーカーとして認識されつつあります。カイエンとマカン、どちらを選んでもがっかりさせられることはありません。ただ、両者がかなり違った個性のモデルであることも事実。本記事で、カイエンとマカンの違いに詳しく迫ってみましょう。
【値落ちなし】実は高く売れる車はどれ?【リセールバリュー】
車を検討するときに何を基準にして選ばれているでしょうか。買う前から売却時の価格のことを考える人は少ないと思います。でも、自動車も資産だと考えると高く売れる車に越したことはないですよね。そこで今回は、購入後、売却時に値落ちの少ない車、リセールバリューの高い車をご紹介します。
復活したホンタ?NSXってどんな車?新旧比較を交え解説!
2016年、日本最高峰のスーパースポーツカーが復活をとげます。その車の名はNSX。1990年にホンダから発売された初代NSXは、日本初のスーパーカーとして車ファンを熱狂させました。そんな初代NSXが発売されてから26年。満を持して登場する新型NSXとは、どんな車なのでしょうか。初代モデルとの比較を交えつつ、その魅力に迫ってみましょう。
クルマは購入するのとレンタルするのではどちらがお得?
近年、マイカーを所有しない世帯が増えています。たしかに数回だけしか車を使わないなら、マイカーを買うよりレンタルを利用したほうが安上がりです。しかし長期的な利用を考えた場合、本当にレンタカーは経済的なのでしょうか。はたしてマイカーとレンタカーはどちらがお得なのか、その答えを本文で探ってみましょう。
外国車に負けてない!実はこんなにある国産オープンカー
かつての日本において、オープンカーは憧れの対象でした。しかし近年、日本のオープンカー人気は影を潜めています。一方で海外に目を向けると、オープンカーのラインナップが充実しています。なぜ、これほど日本と海外でオープンカーの人気に違いがあるのでしょうか。本記事で、その答えに迫ってみましょう。
フォルクスワーゲン(VW)、三菱・・・なぜ排ガスや燃費の不正は起きたのか?(前編)
近年世間を騒がせている自動車メーカーの不正問題。 フォルクスワーゲン社(以下VW社と記載)の排ガス不正、2016年4月には三菱自動車の燃費不正が発覚しました。なぜVW社と三菱自動車はこれほど重大な問題を起こしてしまったのでしょうか。前後編にわけて詳しく迫ります。
フォルクスワーゲン(VW)、三菱・・・なぜ排ガスや燃費の不正は起きたのか?(後編)
近年世間を騒がせている自動車メーカーの不正問題。 フォルクスワーゲン社(以下VW社と記載)の排ガス不正、2016年4月には三菱自動車の燃費不正が発覚しました。なぜVW社と三菱自動車はこれほど重大な問題を起こしてしまったのでしょうか。前後編にわけて詳しく迫ります。
かわいい!運転しやすい!女性にオススメの車ベスト10
運転はそれほど得意じゃないけど、かわいい車なら乗ってみたい!ただ、国内外の自動車メーカーには、無数ともいえるほどのカーラインナップがあります。そこで本記事では、女性にオススメの車を10車種ご紹介します。どれもルックスがかわいくて運転しやすい車ばかりなので、ぜひチェックしてみてください。
なぜどこのメーカーもこぞってSUVを発売しているの?
このところ、さまざまなメーカーがSUVを開発、販売しています。ポルシェがカイエン、ジャガーがF-PACE、マセラティからはレヴァンテ、続いてアストンマーチンやランボルギーニ、アルファロメオ、果てはベントレーまでSUVの販売を計画しています。日本国内では、ニッサン・ジューク、ホンダ・ヴェゼル、マツダ・CX-3などがあり、軽自動車ではスズキ・ハスラー、ダイハツ・キャストなどの小型のカテゴリーのSUVがヒットしています。では、どうして世界中のメーカーがSUVを開発しているのか考えてみましょう。
2016おすすめSUV!いま買うべきはどれ?其の一(大型編)
SUVは国内だけでなく海外でも流行中で、これまで高級セダンやスポーツカー専業だったメーカーですらSUVを開発するようになってきています。もっとも、SUVにカテゴライズされる車は、7人乗れるような大型のものから、2リッター程度の中型、さらに小さいコンパクトクラスに別れます。まず1回目の今回は、大型サイズSUVについて2016年おすすめの1台をチョイスしたいと思います。
2016おすすめSUV!いま買うべきはどれ?其の二(中型編)
SUVは国内だけでなく海外でも流行中で、これまで高級セダンやスポーツカー専業だったメーカーですらSUVを開発するようになってきています。もっとも、SUVにカテゴライズされる車は、7人乗れるような大型のものから、2リッター程度の中型、更に小さいコンパクトクラスに別れます。2回目の今回は、ミドルサイズSUVについて2016年おすすめの1台をチョイスしたいと思います。
2016おすすめSUV!いま買うべきはどれ?其の三(小型編)
SUVは国内だけでなく海外でも流行中で、これまで高級セダンやスポーツカー専業だったメーカーですらSUVを開発するようになってきています。もっとも、SUVにカテゴライズされる車は、7人乗れるような大型のものから、2リッター程度の中型、さらに小さいコンパクトクラスに別れます。3回目となる今回は、コンパクトサイズSUVについて2016年おすすめの1台をチョイスしたいと思います。
アルファード、いまや高級セダンをしのぐその人気の秘密に迫る!
近年人気が高まっているトヨタの「アルファード」と「ヴェルファイア」。この2車種は現在高級サルーン的な位置づけを得ています。現在は、アルファードを移乗用の車に選ぶ会社の重役も多くなっています。また、マイルドヤンキーと呼ばれる人々に人気があることも、アルファードとヴェルファイアの特徴のひとつ。なぜ、アルファードとヴェルファイアはこれほどまでに人気を集める車種となったのでしょうか。旧モデルについても触れつつ、アルファードとヴェルファイアの魅力に迫ってみましょう。
【GT-R】アダ名は“ゴジラ”、日本が誇るスーパースポーツカーの魅力
日本を代表するスポーツカー、ニッサン・GT-R。日本国内でも走っているのは見かけると目が釘付けになるほどパワフルなルックス、海外でのアダ名は”ゴジラ”だそうです。GT-Rの速さと凄さは、日本国内でしか販売していなかった"スカイラインGT-R"の時代から海外でも注目されていました。どうして、海外で”ゴジラ”というアダ名がついたのか。現在のGT-Rが2007年に発表されて10年弱、いまだに色あせないGT-Rの魅力について見ていきます。
【カンタン解説】よくわかる自動車購入時の支払方法!
車の価格はかなり高額。現金一括払いで新車を購入できる若い方は、ごく少数なのではないでしょうか。カーディーラーでは一般的なローン以外に、残価設定型ローンなどの支払い方法を用意しています。また、銀行や信用金庫でも自動車ローンを組むことは可能です。これからマイカーを購入する人は、どの方法を利用するのがベストなのでしょうか。
車の買い替え、目安となる走行距離が知りたい!
多くのドライバーはタイミングを見計らって車の買い替えを行います。たとえば、走行距離も買い替えの目安となるものの一つ。距離がかさんだ車は買取価格が安くなる傾向があるため、多くのドライバーは価値が下がる走行距離に達する前にマイカーを買い替えます。具体的にどれくらいの距離を走っていると、車の価値が下がってしまうのでしょうか
あなたの家族は大丈夫?高齢ドライバーの免許返納問題
近年ニュースで取り上げられることの多い、高齢者ドライバーの自動車事故。加齢による運転能力低下が原因とみられています。高齢ドライバーの免許返納が話題となることも少なくありません。ただ、いきなり「免許証を返納しろ」といわれて困るのは、高齢者ドライバー自身にほかなりません。はたして高齢になったドライバーは、運転免許証をなるべく早く返納するべきなのでしょうか。本文を一読して、その是非を判断してみてください。
あなたの愛車も狙われている?盗難の手口と被害に遭いやすい車種
車両の盗難や車上荒らしは、私たちの身の回りにいつ起きたとしても不思議ではない犯罪です。特に特定の国産車は盗難や車上荒らしの被害に遭うことが多い事が知られています。盗難の手口はどのようなものか、どんな車が狙われやすいかなどを知ることによって車好きにとって憎むべき犯罪の被害に遭わないための対応を考えていきましょう。
【車売る】リセールバリューのいい自動車メーカーはどこ?
あなたはクルマを購入するときに、売却時のことも考えて車種を選びますか?どうせなら、高く売れる車であれば乗り換えるときに嬉しい物です。一般的にリセールバリューが高い車種があることはよく知られていますが、車種でなくもう少し大きなくくりで“メーカーごと”のリセールバリューに傾向はあるのでしょうか。今回はそんな観点から調べてみました。
値下がりの大きい中古車なら高嶺の花にも手が届く!?
中古車の価格はときに、新車で販売されていた当時価格に比例しないことがあります。場合によっては、新車では高くてとうてい購入できなかったようなモデルを、とても手頃な値段で購入可能なこともあります。なかには、グレードの高い車両の方がグレードの低い物よりも安く購入できたりすることも。今回は、そんな新車では高嶺の花でも、中古車市場では値下がり率が大きくなっているために買いやすくなっているものをいくつかご紹介したいと思います。
車の「走りがいい」ってどういう意味?
「走りがいい車」と聞いて、どんな自動車を想像しますか?たしかにフェラーリやポルシェ、GTRやNSXといったスポーツカーは、抜群に高い走行性能を誇っています。しかしそういった高い走行性能を備えている車だけが「走りがいい」わけではありません。そもそも「走りがいい車」とは、具体的にどのような要素をもつ車を指しているのでしょうか。 疑問の答えを、本文で探っていきましょう。
運転が楽しい!走りのいい車はこれだ!2016<軽自動車編>
走りのいい車は、車を操る喜びをドライバーに感じさせてくれます。それは軽自動車であっても同じこと。本記事でご紹介するのは、軽自動車の中でも走りのよさで高評価を受けているモデルたち。スポーツカーライクなモデルから気楽に走りを楽しめるモデルまで幅広くチョイスしているので、ぜひチェックしてみてください。
運転が楽しい!走りのいい車はこれだ!2016<コンパクトカー編>
車体が小さいため気負わずに乗れて、かつ実用性も高いコンパクトカー。そのコンパクトカーに運転の楽しさがプラスされたら、最強だと思いませんか?本記事でご紹介するのは、まさに最強の楽しさを提供してくれる“走りがいい”コンパクトカーたち。使い勝手のよさと走りのよさを併せ持つモデルを厳選したので、ぜひ本文でチェックしてみてください。
新車購入時の諸費用って何が、いくらかかる?
自動車を購入するにはさまざまな税金や費用がかかります。自動車の購入に関わる費用を詳しく知らずにそんなものかと思って払っていませんか?自動車購入に関わる税金や費用というのは少し複雑になっていますので、自動車を購入するシミュレーションをしながら諸費用について説明して行きます。
運転が楽しい!走りのいい車はこれだ!2016<セダン・ワゴン編>
高級感のあるセダンに憧れつつも、「走りまで落ち着いてたら面白くなさそう…」と食指を伸ばせずにいる方は意外と多くおられます。どれだけ見た目が格好よくても、走りがもっさりしていたら楽しくないですよね。そこで本記事では、大人っぽいルックスにスポーティーな走りを秘めたセダンとワゴンを計6車種ご紹介します。高級感のあるモデルからスポーツカーライクなモデルまで幅広くチョイスしているので、ぜひご一読ください。
初めての車購入!クルマ選びから納車までの手順を解説
初めて自動車を購入したときのことを覚えていらっしゃるでしょうか。筆者は学生時代に親につきあってもらって自動車を購入したことを覚えています。自動車を購入する時ってどんな手順が必要なのか、その当時は思えばあまり考えてなかったように思いますが、これから車を購入しようと考えている方のためにどんな手順ですすめれば良いのか、順を追って説明してみたいと思います。
運転が楽しい!走りのいい車はこれだ!2016<SUV編>
街乗りから、ちょっとしたオフロード走行まで楽しめるSUV。近年はスタイリッシュなSUVが多数発売されており、使い勝手のよさも相まって幅広い層の人気を集めています。ただ車ファンとしては、やはり走行性能が気になるところ。いかにスタイリッシュで使いやすいSUVも、走りがイマイチでは乗っていて楽しくないですよね。そこで本記事では、走りがいいSUVを6車種厳選してご紹介します。中古で狙える走行性能の高い車もご紹介してますよ!
ディーゼル車は本当にお得なのか?ガソリン車に負けないその実力を解説!
最近、国産メーカーではマツダをはじめとしてヨーロッパの輸入車メーカーからディーゼルエンジン搭載の自動車がたくさん発売されています。ただ、ディーゼルエンジンってお得っていうけど何が良いか分からない。ディーゼルエンジンには公害のイメージがあるし、音はうるさくて走らないのでは?そんなイメージをお持ちの方に、最新のディーゼルエンジンの良さを解説します。
気づけばこんなに増えたMINIファミリー!タイプごとの特徴を紹介します
BMW MINIが登場してから15年経過した現在、MINIはスタンダートな3ドアハッチバック以外に、さまざまなバリエーションのボディタイプが販売されるようになっています。今回は、そんなMINIのラインナップをご紹介し、「MINIは気になるけどどれを選べばいいかわからない!」、そんな疑問にお答えたいと思います。
運転が楽しい!走りのいい車はこれだ!2016<ミニバン編>
ファミリーでのお出かけに大活躍してくれるミニバン。広々とした車内で快適に移動できる車に乗り換えれば、ご家族に喜ばれること間違いなしです。ただミニバンには背が高いモデルが多く、「走りを楽しめない車種」というイメージがつきまといがち。そんな方のために、本記事では走りのいいミニバンを厳選してご紹介します。車好きの方におすすめできるモデルを6車種チョイスしているので、ぜひチェックしてみてください。
外車(輸入車)の維持費ってやっぱり高いの?安い車種はある?
新しい車を選ぶときに国産車か輸入車かを意識する人は多いのではないでしょうか。輸入車と言えば、少し前までは「よく壊れる、部品代(修理代)が高い」などとよく言われていたものです。しかし、最近は輸入車がよく壊れるとか、維持費が高いという話をあまり聞きません。では、実際のところどうなのか、15年以上輸入車に乗り続ける筆者の経験も踏まえて解説致します。
輸入車のハードルは高くない、100万円台で購入可能な輸入車をご紹介
最近、売れ筋の軽自動車の価格は、乗り出しで200万円を超えると言われています。なぜここまで軽自動車が高額になったのか、それには理由があります。しかし、軽自動車が200万円である一方、個性的な輸入車が100万円台で購入できることはあまり知られていないのではないでしょうか。軽自動車の売れ筋モデルのご紹介と、100万円台の個性的で魅力のある輸入車をご紹介したいと思います。
子育てママに知ってほしい車選びのコツ&おすすめモデル
子育てに追われる毎日を送るなかで、「ウチの車がもうちょっと便利だったらな」と感じているママさんは多いのではないでしょうか。「次の車は絶対使いやすいモデルにする!」と決めているママさんも多数いることでしょう。そこで本記事では、子育て中のママさんに最適な車を厳選してご紹介します。ママさんに押さえてほしい車選びのポイントもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。
ドコまで任せられる?日産の自動運転技術「プロパイロット」に出来るコト
自動運転システムをウリ文句に、2016年8月24日に登場した新型セレナ。ミニバンの購入を検討している方の中には、新しいセレナが気になっている方も多いことでしょう。新型セレナの機能で気になるのは、やはり自動運転システム「プロパイロット」ですよね。ただ気になるのは、自動運転システムの実態。プロパイロットの“自動運転”とは、実際どのような機能なのでしょうか。
200万円台で買えるコンパクト&カッコイイ外車6選
お洒落でかっこいいモデルが多い、欧米のコンパクトカー。日本車とは違った魅力がありますよね。ただ外車となると、やはり値段が気になるところ。高額な予算を組む余裕がない」なんて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ご安心ください。200万円?300万円の予算があれば、お洒落でかっこいい外国のコンパクトカーを購入できますよ。
ハイブリッドとPHV、EV、燃料電池車の違いって?環境対応車(エコカー)を整理しよう
日本で環境対応の車と言えば、プリウス、アクアをはじめとするハイブリッド車が主流となっています。しかし、欧州ではPHV(プラグインハイブリッド)のほうが、HV(ハイブリッド)よりも優勢です。一方、EV(電気自動車)やFCV(燃料電池車)は、次世代の自動車の動力として注目されていますが、HV、PHV、EV、FCVの違いを正しく説明できる人は少ないのではないでしょうか。今回は、これらの環境対応車がどのようなものであるかを解説したいと思います。
シンメトリカルAWDと言われるスバルの4WDはどこがいいの?
昔からスバルと言えば4WDと言われるほど、4WDにこだわりがあるのがスバルです(なおスバルでは4WDではなくオール・ホイール・ドライブ、AWDと呼んでいます)。また、当初から水平対向エンジンを搭載した乗用車を製造しており、現在水平対向エンジンを乗用車に採用しているのはスバルとポルシェだけです。スバルは、この水平対向エンジンと4輪駆動システムを合わせて「シンメトリカルAWD」と呼んでいますが、スバルのAWDは何が優れているのでしょうか。
アウトドア系女子必見!車中泊キャンプに必要なグッズ&注意点まとめ
近年流行している、車中泊を利用したキャンプ。アウトドア系女子の中には、このお手軽なキャンプ方法に興味津々な人も多いことでしょう。ただ、やはり車中泊キャンプにもいろいろと準備が必要。そこで本記事では、女性の車中泊にピッタリな車や、そろえておきたい車中泊グッズなどをご紹介します。車中泊キャンプの注意点にも触れますので、ぜひチェックしてみてください。
クロカンとSUVの違いって何?押さえておきたい機能や構造の違い
あるウェブサイトで「SUV」として紹介されていた車種が、別のサイトで「クロカン」として紹介される場合があります。SUVとクロカンは、どちらも車のジャンル名であるはず。だとすれば、なぜ同じ車種が別のジャンル名で紹介されるのでしょうか。両者はまったく同じジャンルなのかというと、そういうわけでもなさそうです。SUVとクロカンは一体何が違うのか、本文で詳しく探ってみましょう。
マツダSKYACTIVは実際どんな技術なのか?その全貌をくわしく解説!
近年、急激にブランド価値が上昇しているマツダ。2012年のCX-5発売を皮切りに、リリースする車種が立て続けにヒットを飛ばしています。そんな現代のマツダ車のコアとなる技術が、SKYACTIVテクノロジーです。そこで今回は、このSKYACTIVテクノロジーについて詳しみていくことにします。
2000万円オーバーのホンダNSXは真のスーパースポーツと言えるのか
2016年8月25日に発表されたホンダの新型NSX。初代NSXの発売が1990年なので、26年ぶりの新型です。価格はなんと2370万円(税込み)。初代NSXが800万円だったことを考えると約4倍の価格になりました。では、新型NSXには本当に価格相応の価値があるのでしょうか、新型のNSXがスーパースポーツと言えるか確認してみたいとおもいます。
【国産車編】冬こそオープンカー、今オススメの一台はこれだ!
あなたはオープンカーの季節はいつだと思いますか?多くの人がオープンカーイコール「夏」というイメージをお持ちではないでしょうか。実は、オープンカーが一番楽しいのは秋から冬にかけてなのです。どうしてオープンカーの季節が「冬」なのか。そして、オープンカーの季節に乗りたいおすすめのオープンカーをご紹介します。
【輸入車編】冬こそオープンカー、今オススメの一台はこれだ!
前回に引き続き、冬こそオープンカーの季節と言うことで、いま購入可能なおすすめのオープンカー(輸入車)をお送りします。輸入車メーカーはオープンモデルに積極的なので、高級車から普及車までさまざまな車種のオープンカーが販売されています。比較的手の届きやすいモデルを中心にご紹介したいと思います。
長距離ドライブの大敵!渋滞を乗り切るための知識とアイデアまとめ
ゴールデンウイークや年末年始になると、必ずニュースで名前を聞くようになる「渋滞」。延々と続くノロノロ運転は、まるで苦行ですよね。なぜ渋滞は毎年のように発生するのでしょうか。メカニズムさえわかれば、渋滞問題は解消できそうなものです。この疑問に答えるために、今回は「渋滞学」から渋滞のメカニズムを学んでみることにしましょう。渋滞を快適に過ごすコツも合わせてご紹介しますので、ぜひご一読ください。
ウソ?ホント?トヨタが発表したアルミテープチューニングに迫る
2016年7月に行われた新型「86」の説明会において、実に怪しげな改良点が発表されました。空力特性を向上させるために、86のボディにアルミテープを貼ったというのです。 発表を行ったトヨタの説明によると、アルミテープを貼るだけで直進安定性や回頭性能が向上するのだとか。う?ん…、なんだかオカルトチックな話ですよね。ボディにアルミテープを貼り付けるだけで、本当に車の走りに変化が起きるのでしょうか。トヨタの最新技術、「アルミテープチューニング」の真相に迫ってみましょう。
冬本番前に身に着けたいウインタータイヤの基礎知識
冬場に車の運転を妨げる、積雪や路面の凍結。冬場のドライブを安全に楽しむためにも、ウインタータイヤへの履き替えは早めに行いたいところです。ただ、「ウインタータイヤの種類が多すぎて、どれを選べばいいのかわからない」という方も多いことでしょう。 また、「タイヤの交換方法がわかならい」なんて方もいるのでは?そこで本記事では、ウインタータイヤに関する基礎知識をまとめてご紹介します。冬用タイヤの選び方や、簡単なタイヤの交換方法などを一気にお伝えしますので、ぜひチェックしてみてください。
AndroidAutoとCarPlayで車のカーナビはどう変わる?
最近はスマートフォンの普及により、車内でスマートフォンを利用する機会が増えているのではないでしょうか。ただ、スマートフォンや携帯電話を運転中に注視していたことが原因の事故も発生しています。そんな世界中の社会問題ともなっている、スマートフォンの運転中の利用に対する、メーカーの対応が、AppleのCarPlayとGoogleのAndroidAutoなのです。
小型SUVのおすすめはこれだ!2017(C-HR・ジューク・スバルXV・ヴェゼル・CX-3)
近年、各メーカーがこぞって参入しているコンパクトSUV市場。2016年はホンダヴェゼルがひとり勝ち状態でしたが2017年にはトヨタC-HRが発売されます。また、ニッサン・ジュークやスバルXVのモデルチェンジが控えており、2017年はコンパクトSUVクラスのトップ争いが過熱すると思われます。そこで2017年のコンパクトSUVクラスのオススメをご紹介します。
イタリア車って壊れやすい?噂の真相を徹底究明
エレガントなデザインが魅力的なイタリア車。ただ、“こわれやすい”というイメージがあります。はたしてイタリア車は、本当に故障しやすいのでしょうか?本文で、疑問の答えに迫ってみましょう。中古のイタリア車との付き合い方や、オススメモデルもご紹介しますので、ぜひご一読ください。
電気自動車?ハイブリッド?NOTE e-POWERの正体に迫る
「全く新しいカタチの電気自動車」という看板をひっさげて登場した、日産「ノート e-POWER」。日産の電気自動車といえば「リーフ」が有名ですが、ノート e-POWERはどのような点が全く新しいのでしょうか。また、走行性能や実用性は?e-POWER独自の魅力であるドライブフィールにも触れますので、ぜひチェックしてみてください。
大画面、渋滞情報、ハイレゾ音源… 最新カーナビの選び方教えます!
車選びが終わって次に考えるのがカーナビやオーディオをどうしようかということ。最近では専用のオーディオとモニターを備えた車も増えてきたものの、まだまだ汎用のカーナビを取り付けることのできるDINスペースのある車が大半ですよね。なかなか買い替えることのないカーナビやオーディオ機器だからこそ、しっかり吟味して選びましょう!
NDロードスターソフトトップ、RF(ハードトップ)、アバルト124スパイダーの走りの違いを徹底比較!
2015年に発表・販売開始されたND型のマツダ・ロードスターは、2016年にはフィアットからマツダ生産の輸入車として、NDロードスターをベースにしたアバルト124スパイダーが発売されました。また、ハードトップ版としてロードスターRFもラインナップに加入。ベースは同じながらそれぞれ異なるキャラクターを有するこの3台について詳しく見ていきましょう。
中古車でも人気!ホンダのタイプRを徹底解説
2010年代の現在、ホンダが販売するTYPE Rはシビックの1車種のみとなってしまいましたが、90年代後半から2000年代にかけて、ホンダと言えば「タイプR」と言っても良いほど、ホンダのイメージを象徴するものでした。そして、TYPE Rと名の付く車は、現在でも中古車市場で人気があり、高い値段を維持しています。今回は、そんなホンダのTYPE Rの歴史を振り返ってみたいと思います。
違法?合法?法的に認められる車改造のボーダーライン
オリジナリティのある車に憧れる方なら、「いつかは愛車を自分なりにカスタムしたい!」と考えていることでしょう。ただ、車をカスタムする際に気をつけたいのが違法改造。うっかり法律の定める範囲を超える改造を行うと、車検が通らないばかりか違反切符を切られる可能性もあります。本記事で、どんなカスタムが違法改造になるのか、詳しくチェックしてみましょう。
走りを諦めないで!下肢障がいを持つ方がスポーティーカーを楽しむ方法
「第43回 国際福祉機器展 H.C.R.2016」。自動車メーカーが福祉車両の出品を行うこのイベントにおいて、マツダが展示した手動運転装置付きのロードスターが話題を呼びました。実はほとんどの車には手動運転装置を取り付けられます。足にハンディを負うことと、スポーツカーに乗れなくなることは、イコールではありません。今回は、下肢障がい者がスポーツカーを楽しむ方法を、詳しくチェックしてみることにしましょう。
2017年今年買うべき車はこれだ!(国産車編)
車の買い取り価格は、新車の価格に比例するわけではなく、中古車相場によって決まります。実際に、新車は高かったのに買い取り価格は思ったより高くなかったということや、下手すると、買取り価格が付かない(0円)という事も十分考えられます。2017年はどんな車を購入しておけば安心なのでしょうか。まず今回は、国産車編をご紹介します。
2017年今年買うべき車はこれだ!(輸入車編)
前回、2017年買うべき車はこれだ!ということで、国産車編をお送りしました。今回は輸入車編をお送りします。輸入車は、国産車と比べると割高に感じられることもありますが、実は国産車もそれなりに値段が上がっているので、比べてみると意外と割安に感じられるものもあります。あの高級車がこんな値段で買えるの?とビックリされることもきっとあるはずです。
知ってる?GTカーとスポーツカーの違いについて
GTとスポーツカーの境界線が曖昧になっている。日本では、GTと付くグレードはエンジンが大きく走りを意識したグレードとして認識されているようです。しかし、本当の意味のGTとはスポーツカーとは少し違った意味を持っています。そこで今回は、よく間違いがちなGTカーとスポーツカーの違いについてご説明します。
ドライブを快適にするスマホアプリ大特集
カーライフに役立つコンパクトな高性能コンピューターがあれば、ぜひ手に入れたいと思いませんか?実はそのコンピューターは、みなさんの身近にあります。そう、スマートフォンのことなのです。AndroidスマホやiPhoneのアプリには、カーライフに役立つものがたくさんあります。今回は、そんなスマホアプリの中から、特に人気の高いものを厳選してご紹介します。
【意外に知らない!】バッテリー上がりの原因と対策法
「久しぶりにマイカーで出かけようと思ったら、バッテリーがあがっていた…」なんて経験のある方はいませんか?車を走らせる機会が少ないと、バッテリーはすぐにあがってしまいます。しかしなぜ、車を動かす機会が少ないとバッテリーがあがってしまうのでしょうか。そこで今回は車のバッテリーについて学んでみることにしましょう。サンデードライバーのためのバッテリーあがり対策もご紹介していますよ!