このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツタント

タントの歴史とカタログスペック、販売台数データ

新車価格帯 120万〜163万円 おすすめグレード X
JC08モード燃費 28.0km/L エコカー減税 免税対象
排気量 658cc 車両重量 930kg
最高出力 38kW(52PS) 最大トルク 60N・m(6.1kgf・m)
月間販売台数 17,078台(2014年12月) リセールバリュー 中古車,査定,タント

タントは、ダイハツが製造・販売している、軽のトールワゴンです。
同じくダイハツが販売している、ムーヴよりも室内を広く設計されています。

 

2003年に初代タントが発売されました。
発売されたグレードは、NAエンジン車の「L」「X」「X Limited」の3グレードと、ターボエンジン車の「R」「RS」の2グレードの計5グレードでした。

 

2007年に、2代目タントが発売。
ターボエンジン車の「RS」が廃止され、代わりに「X Limited スペシャル」が追加されました。
2010年に行われたマイナーチェンジにより、燃費性能が向上し、最新の環境規制を楽々クリアしています。

 

2013年には、3代目タントへフルモデルチェンジ。
これにより、NAエンジンの4WD車とターボエンジン車でも平成27年度燃費基準+20%を達成しました。
2014年上半期での売り上げが135,688台にまで上り、登録車を含めた新車販売台数で1位を獲得するという快挙を成し遂げました。
また、2014年で総合すると234,456台を売り上げ、軽自動車で初となる、登録車を含めた新車販売台数で1位を獲得しました。

クルマの特徴

タントでは、助手席側のドアの開口幅が1,490mmもあるミラクルオープンドアが設定されているので、ゆったりと乗車することが出来るのが大きな特徴です。
また、室内高が1,365mmもあり車内が広々としているので、27インチの自転車やベビーカーも積載することが出来ます。

 

空力性能の向上や、車体の軽量化などの技術「イーステクノロジー」が採用されているので、
平成17年基準排出ガス75%低減レベルや平成27年度燃費基準+20%を達成しています。

 

また、鍵を使わずにドアの施錠・開錠、エンジンの始動が出来るキーフリーシステムが搭載されており、
荷物や子供を抱いたままでも、スイッチを押すだけでドアが開錠されるので、楽に車に乗り込むことが出来ます。
さらに、ドアの施錠に連動してサイドミラーが収納されるシステムは、収納のし忘れを防げて安心ですね。

 

安全面でも、ドライバーの誤操作による急発進を抑制する誤発進抑制制御機能や、
急なハンドル操作や路面状況による横滑りを軽減、横滑りが発生した場合は自動的にコントロールし車両の安定性を高めるVSC&TRCなども搭載されています。

 

「前席からの見晴らしが良く、景色を楽しみながらドライブすることが出来る」「コーナーをキビキビと曲がってくれる」「段差を乗り越えた後の揺れが少なく、乗り心地が良い」
などの評価を受けています。
さまざまな面でユーザーの心を掴み、非常に人気の一台です。これからの進化が楽しみですね。

 

燃費性能

4WD車では、「Xターボ」が24.6km/L、「X」「G」が25.8km/L、「L」が27.0km/Lとなっています。
2WD車では、「Xターボ」が26.0km/L、「G」「X」「L」が28.0km/Lとなっています。

 

全車にアイドリングストップ機能が搭載されているので、さらに燃料消費を抑えることが出来ます。

高額査定が続々!一括査定を試した結果は?

タント(DAIHATSU)ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!
ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

タント(DAIHATSU)年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。
年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

タント(DAIHATSU)結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。
社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

タント(DAIHATSU)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
タント(DAIHATSU) タント(DAIHATSU) タント(DAIHATSU) タント(DAIHATSU) タント(DAIHATSU) タント(DAIHATSU)
タント(DAIHATSU) タント(DAIHATSU) タント(DAIHATSU) タント(DAIHATSU) タント(DAIHATSU) タント(DAIHATSU)
タント(DAIHATSU) タント(DAIHATSU) タント(DAIHATSU) タント(DAIHATSU) タント(DAIHATSU) タント(DAIHATSU)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ブーン(DAIHATSU)
ダイハツといえば軽自動車ですが、普通乗用車も売ってるんです!そのひとつがブーン。実はこの車、中身はあのトヨタのパッソなんです。だから燃費も使い勝手抜群!そんなブーンの最新情報やリセールバリューについて解説しました!
ムーヴ(DAIHATSU)
2014年12月にフルモデルチェンジ!ダイハツといえばまずムーヴを思い浮かべる人も多いのでは?そんなムーヴの最新情報やリセールバリューについて解説しています。
ムーヴコンテ(DAIHATSU)
カクカク・シカジカ」のテレビCMでもおなじみ、ダイハツのムーブコンテ。通常のムーブより直線的なシルエットでスタイリッシュな外観が特徴です。そんなムーヴコンテの最新情報やリセールバリューについて解説しています。
タントカスタム(DAIHATSU)
タントカスタムはタントをベースにスポーティーなデザインを施したモデルです。タントはママ世代の女性に人気でしたが、タントカスタムは更に若い世代に男女を問わず人気です。
ウェイク(DAIHATSU)
近年、どんどん大型化する軽自動車。もはや下手なコンパクトカーよりも広い室内空間と豊富な積載量を誇る車種が増えるなか、飛び抜けた広さを持つのがダイハツのウェイク。発売早々、自動車業界に衝撃を与えています。そんなウェイクの情報はこちら。
ミラ(DAIHATSU)
ミラはスズキのアルトのライバルとして激しく軽自動車の発展に貢献してきた車種です。1980年の発売から途切れることなく進化し続けています。
ミラココア(DAIHATSU)
2009年発売のミラココアは2008年終了のミラジーのの後継車種。かわいらしい丸目ヘッドライトで女性に大人気の軽自車です。
ミライース(DAIHATSU)
ミライースは環境性能に優れた第3のエコカーがコンセプトとなっており、35.2km/Lという驚異的な燃費性能を誇ります。
コペン(DAIHATSU)
コペンは「最小のボディに最大の夢を」というコンセプトのもと、2002年に開発された大人気の軽自動車オープンカーです。現行では唯一の軽自動車でのオープンカーということもあり、老若男女問わず人気の車種です。