このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルレガシィツーリングワゴン

レガシィツーリングワゴンの歴史とカタログスペックなど

新車価格帯 259万〜375万円 おすすめグレード 2.0 i アイサイト Sパッケージ
JC08モード燃費 12.4km/L エコカー減税 -
排気量 1,998cc〜2,498cc 車両重量 1,540kg
最高出力 127kW(173PS) 最大トルク 235N・m(24.0kgf・m)
立体駐車場 リセールバリュー 中古車,査定,レガシィ,ツーリングワゴン,スバル

レガシィツーリングワゴンは、1989年から2014年まで富士重工業のスバルブランドで販売されていた5ドアステーションワゴンです。

 

1989年1月に発売した初代モデルは水平対向4気筒エンジンを搭載して、ハイパワーの4WDワゴンとして大変人気がありました。
1992年6月にはマイナーチェンジでBrighton220、Brighton220エアサスが追加販売されました。
さらに8月にはSTiモデルを200台限定で販売し、セダンRSと同じ出力のエンジンが搭載されました。

 

1993年10月にはフルモデルチェンジし、2代目レガシィツーリングワゴンが登場。
1996年のマイナーチェンジではレガシィツーリングワゴンGT-Bが大人気となり、販売記録も大きく更新されました。

 

1998年には世界最速ワゴンとして記録を更新し、6月に3代目レガシィツーリングワゴンが発売されました。

 

2003年5月には4代目のレガシィツーリングワゴンが発売され、3代目まで5ナンバーサイズだったものが全幅35mm増の3ナンバーサイズへと変更されました。
同年11月には富士重工業製の車種としてはじめて、2003-2004日本カーオブザイヤーを受賞しました。
なお、2008年5月には2000ccDOHC搭載車が廃止され、運転支援システムであるEyeSightが搭載されました。

 

2009年5月にはフルモデルチェンジによって5代目のレガシィツーリングワゴンが発売され、日本カーオブザイヤー特別賞を受賞。これを記念して特別仕様車が追加されました。

 

2010年5月には一部改良が行われ、EyeSightが装備されたり、平成22年度燃費基準+25%を達成したりしました。2012年9月には、EyeSightが標準装備されたターボエンジン搭載車の「2.0GT DIT EyeSight」が発売されました。

 

しかし、後継車レヴォーグが発売されたことで、惜しまれながらも2014年にはレガシィツーリングワゴンの生産が終了されました。

 

クルマの特徴

日本車を代表するワゴン車として、またスバルを代表する車種として高い支持を集めてきたレガシィツーリングワゴン。
魅力は広いカーゴルームによる積載能力だけでなく、スバル得意のエンジンによって走りにこだわるユーザーをも満足させ、モデルチェンジのたびに話題になってきました。
そんな人気モデルのレガシィツーリングワゴンですが、北米向きに徐々にサイズを大型化してきたことで日本の道路事情に合わなくなってきたこともあり、5代目をもって生産を終了。
多くのファンが落胆しましたが、替わりに国内用新型ワゴンタイプのレヴォーグが新発売されたことでレガシィツーリングワゴンのファンの受け皿になりました。

 

ツーリングワゴンに搭載されているEyeSightには、プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロール、AT誤発進抑制制御などの機能が備わっていました。

 

車自体のサイズは一般的な立体駐車場のサイズ制限内に収まっているので、マンション住まいの方もためらいなく購入が可能です。

 

燃費性能

「LEGACY B4」「LEGACY B4 Limited」のどちらも14.8km/Lとなっています。全車で平成17年基準排出ガス75%低減レベル、平成27年度燃費基準+10%を達成しています。
アイドリングストップ機能も搭載されており、優れた燃費性能に貢献しています。

 

高額査定が続々!一括査定を試した結果は?

レガシィツーリングワゴン(SUBARU)ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!
ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

レガシィツーリングワゴン(SUBARU)年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。
年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

レガシィツーリングワゴン(SUBARU)結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。
社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

レガシィツーリングワゴン(SUBARU)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
レガシィツーリングワゴン(SUBARU) レガシィツーリングワゴン(SUBARU) レガシィツーリングワゴン(SUBARU) レガシィツーリングワゴン(SUBARU) レガシィツーリングワゴン(SUBARU) レガシィツーリングワゴン(SUBARU)
レガシィツーリングワゴン(SUBARU) レガシィツーリングワゴン(SUBARU) レガシィツーリングワゴン(SUBARU) レガシィツーリングワゴン(SUBARU) レガシィツーリングワゴン(SUBARU) レガシィツーリングワゴン(SUBARU)
レガシィツーリングワゴン(SUBARU) レガシィツーリングワゴン(SUBARU) レガシィツーリングワゴン(SUBARU) レガシィツーリングワゴン(SUBARU) レガシィツーリングワゴン(SUBARU) レガシィツーリングワゴン(SUBARU)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

レヴォーグ(SUBARU)
長らくスバルの顔として世界中で愛されてきたレガシイツーリングワゴンに代わり、日本国内向けに新たに放たれたのがレヴォーグ。質実剛健な走りはなお健在。内装も大幅にクオリティアップし、大評判の車です。
インプレッサG4(SUBARU)
スバルの大人気車種、インプレッサ。特に現行モデルはグッドデザイン賞にも輝き、走りや乗り心地のみならずデザイン面でも高い評価を受けています。 そんなスバルインプレッサのこれまでの歴史や特徴、そしてリセールバリューはどうなっているのでしょうか。詳しく調べてみました!
インプレッサスポーツ(SUBARU)
スバルの人気車種インプレッサスポーツ。使いやすさとキビキビしたスポーティな走りで多くのファンに愛され続けています。
レガシィB4(SUBARU)
スバルを代表する車種、レガシィ。そのセダンバージョンであるレガシィB4とはどんな車なんでしょう?歴史や特徴、燃費、リセールバリューなど、B4についていろいろ調べてみました!
レガシィアウトバック(SUBARU)
スバルを代表する車種、レガシィ。そのクロスオーバーSUVバージョンであるレガシィアウトバックとはどんな車なんでしょう?歴史や特徴、燃費、リセールバリューなど、レガシィアウトバックについていろいろ調べてみました!
フォレスター(SUBARU)
ただでさえ四駆を得意とするスバルの代表的なSUVといえばフォレスター。実は、日本以上に北米で大成功を収めている車です。そんなフォレスターの中古車を高く売るための情報はこちら。
XV(SUBARU)
近年、アメリカでも爆売れ中のスバルが送り出したスタイリッシュなXV。SUVでありながら立体駐車場にも入るサイズで、幅広いユーザーに人気を博しています。そんなXVの売れ筋や特徴を解説してみました。
BRZ(SUBARU)
スバルがトヨタ自動車と共同で開発し、送り出したBRZ。兄弟車のトヨタ86とともに、走りが楽しくて手の届く価格帯のスポーツカーを待ち望んでいた層から熱烈に歓迎されました。そんなBRZの最新情報やリセールバリューについて解説しています。
ステラ(SUBARU)
ステラは、富士重工業がスバルブランドとして展開し、販売しているトールワゴン型の軽自動車です。 ステラは設計開始から1年もかからずに発売が開始された、驚異のスピードで開発された車種です
エクシーガ(SUBARU)
スバルというと硬派で走りにこだわりのあるイメージですが、エクシーガのようなファミリー向けモデルもあるんです!もちろん、スバルらしい走りは健在です。そんなエクシーガの情報やリセールバリューについて解説します。