このエントリーをはてなブックマークに追加

HONDAフィット

フィットの歴史とカタログスペック、販売台数データ

新車価格帯 129万〜192万円 おすすめグレード 15XL
JC08モード燃費 21.8km/L エコカー減税 免税対象
排気量 1,496cc 車両重量 1,060kg
最高出力 97kW(132PS) 最大トルク 155N・m(15.8kgf・m)
立体駐車場 リセールバリュー 中古車,査定,フィット

フィットは、ホンダが製造・販売している、小型乗用車です。

 

2001年に、ホンダが製造していたロゴという小型乗用車の後継車として発表され、翌2002年6月に発売。
安定した走行性と、コンパクトカーとしてはまれに見る広い車内空間、またその燃費の低さで多くのユーザーから支持を得て、ホンダを代表するコンパクトカーとなりました

 

2002年には、これまで33年間もの間、日本国内の年間販売台数でトップに立っていたトヨタのカローラを上回り、トップになりました。

 

この記録は、3代目プリウスが発売されるまで日本歴代車トップであり、2007年には、世界累計販売台数が200万台に達しました。

 

さらに同年に2代目へフルモデルチェンジがなされ、同年11月末には、早くも新型が国内累計台数100万台を達成という快挙も。

 

2013年には、3代目へフルモデルチェンジがなされると同時に、グレードを「13G」、「15X」、「RS」の3つに整えました。
2014年には一部改良が行われ、「15X」が「15XL」へと改名されました。

 

 

なお、2007年に初登場し、最もスポーティなモデルである「RS」は、88kw(120PS)というハイパワーのI-VTECエンジンを搭載し、特別仕様のダンパー、スプリング、スタビライザーを採用。

 

実はこのフィットRSは、かつてホンダがF1参戦で培った技術を投入されているとか。
通常のフィットとは異なるスポーティかつ安定した走りの秘訣はそのあたりにあるようです。

特徴

15XLには、1.5L 直噴DOHC i-VTECエンジンが搭載されており、パワーのある走りと優れた燃費性能を両立しています。

 

余計な燃費消費を抑える、アイドリングストップ機能が全グレードに搭載されており、燃費向上に役立っており、「RS」の6MT車以外の全車が「平成27年度燃費基準」を達成しています。

 

徹底したデザインの設計により、前方・後方の視界を広々と確保しています。
前方では、ワイパーやサイドミラーの位置を見直すことで、曲がる際の死角を少なくし、すっきりとした視界で運転することができます。
後方でも、後部座席のヘッドレストを埋め込み式にすることで、広々とした視界を確保しています。

 

安全性能もしっかりとしており、30km/h以下での走行時に前方車両との衝突を自動ブレーキで回避・軽減する、シティブレーキアクティブシステムや、
後方車両に急ブレーキを伝える、エマージェンシーストップシグナル、急なハンドル操作による横滑りを抑えるVSAなどの機能を搭載しています。

 

スポーティさがウリのRSは、テールゲートスポイラーやリアバンパー、フロントグリルなど専用の装備を用意。シートのデザインはブラックを基調としオレンジのあしらいが施された特別なものとなっており、ペダルもステンレス製の突起ラバーが備えられたグリップ力の高いスポーツペダルとなっています。

 

 

フィット全体に対する評価としては、
「路面の凹凸を程よくいなしてくれ、乗り心地が良い」「シートのクッション性が高く、長距離のドライブの後でも疲労度はあまり感じない」
など、乗り心地についての評価が高いようです。

 

日本のコンパクトカー市場の中でも特に評価の高い一台です。

 

 

燃費性能

「13G」では、1.3L DOHC i-VTECエンジンが搭載され、26.0km/Lという燃費性能を実現しています。
「15XL」では、1.5L 直噴DOHC i-VTECエンジンが搭載され、21.8km/Lという燃費性能とパワーのある走りを両立させています。

 

「RS」は、FF仕様のの6速MT車が19.0km/L、CVT車が21.4km/Lとなっていますが、スポーツモデルの車でこの燃費はかなり良い部類に入るでしょう。

 

元々ハイブリッド以外でここまでの低燃費を実現させたのはフィットが初めてで、それがカローラを抜いて年間販売台数トップにまで上り詰めた大ヒットカーとなりえた大きな要因ともいえます。

 

エコアシストが搭載されているので、エコな運転を心掛けられるコーチング機能や、ゲーム感覚でエコな運転を鍛えられるティーチング機能などの様々な機能により、
環境に配慮した運転をすることができます。

 

高額査定が続々!一括査定を試した結果は?

フィット(HONDA)ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!
ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

フィット(HONDA)年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。
年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

フィット(HONDA)結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。
社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

フィット(HONDA)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
フィット(HONDA) フィット(HONDA) フィット(HONDA) フィット(HONDA) フィット(HONDA) フィット(HONDA)
フィット(HONDA) フィット(HONDA) フィット(HONDA) フィット(HONDA) フィット(HONDA) フィット(HONDA)
フィット(HONDA) フィット(HONDA) フィット(HONDA) フィット(HONDA) フィット(HONDA) フィット(HONDA)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

グレイス(HONDA)
ホンダの新しいハイブリッドセダン、グレイス。フィットベースで広大な室内空間を実現し、ライバルの牙城に迫る!
ヴェゼル(HONDA)
国内では長らく日産ジュークの独壇場だったコンパクトSUV市場。打倒ジュークを目指してホンダから放たれたのが、新型SUVがヴェゼルです。スタイリッシュなデザインとこなれた価格で、若いユーザーを中心に大ヒット!
ステップワゴン(HONDA)
ファミリー層のみならず、大勢でアクティブに移動したい若者からも強い支持を受けるホンダのミニバン、ステップワゴン。開放感たっぷりの室内空間は、一度使ったらやみつきです。
フリード(HONDA)
競合ひしめくミニバンジャンルのなかで、積載力は維持しつつ、もっと取り回しがいいものが欲しいというニーズにピッタリ答えたのがこのフリード。発売されるやいなや、ずっと高い人気を誇っているフリードの中古車を高く売るための情報はこちら。
オデッセイ(HONDA)
大人数を載せることを第一の用途としているぶん、どうしても走りに難があったミニバンというジャンルにおいて、積載力と爽快な走りを両立して驚きを与えたのがオデッセイ。そんなオデッセイの中古車を高く売るための情報はこちら。
ジェイド(HONDA)
オデッセイが大型化し、ストリームが販売終了になったあとポッカリ開いていたポジションに投入されたホンダの新型車ジェイド。多人数乗車を可能としながら、走りの面でも秀逸な顔を持つこのジェイドの特徴について詳しく解説します!
ストリーム(HONDA)
ホンダの3列シートミニバン、ストリーム。ミニバンでありながら小回りのきくコンパクトさと走りの良さ、多人数乗車可能の積載力で、人気を博しました。現在は生産が終了していますが、中古車市場ではいまだ人気。そんなストリームの特徴や燃費、リセールバリューなどについては詳しく調べてみました!
N-BOX(HONDA)
N-BOXはホンダが今までになかったスーパーハイトワゴンとして開発。ホンダレーシングチームの協力の元、DOHCエンジンを搭載し、低燃費とパワフルを兼ね備えた大人気車種です。
N-WGN(HONDA)
N-WGNはホンダのNシリーズ第4弾です。2014-2015日本カーオブザイヤー・新・安全性能総合評価 ファイブスター賞・軽自動車部門 JNCAP大賞などの各賞を受賞している人気車種です。
N-ONE(HONDA)
N-ONEはホンダが製造・販売している「Nシリーズ」の第3弾として発売された、トールワゴン型の軽自動車です。ホンダが過去に発売していた、Nコロの愛称を持つN360をモチーフに開発されました。
ライフ(HONDA)
ホンダの爆発的ヒットとなった軽自動車「Nシリーズ」の前身であるライフ。使い勝手の良さから、女性を中心に長らく強い支持を集めました。そんなホンダ ライフの特徴やリセールバリューについて解説しました。
ビート(HONDA)
かつてホンダが生産していた2ドア軽スポーツカー、ビート。ひらひらと自在に操れる楽しさで、いまなおファンの多い一台です。そんなビートの情報やリセールバリューについて解説しています。
シビックタイプR(HONDA)
海外にもコアなファンを持つ、ホンダのシビックタイプR。コンパクトハッチのボディを活かしてキビキビとしたハンドリングがウリの走り好きにはたまらない一台です。
インサイト(HONDA)
[車買取の金額が無料でわかる]ひとつの車買取業者だけにクルマの査定を頼むのは損!損!損!いまは複数業者の見積もり査定を比べる時代!パソコンやスマホから簡単操作で最も高い査定額がひと目でわかる!
CR-V(HONDA)
[車買取の金額が無料でわかる]ひとつの車買取業者だけにクルマの査定を頼むのは損!損!損!いまは複数業者の見積もり査定を比べる時代!パソコンやスマホから簡単操作で最も高い査定額がひと目でわかる!