このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタエスティマ

エスティマの歴史とカタログスペック、リセールバリューなど

新車価格帯 [287〜407万円 おすすめグレード アエラス
JC08モード燃費 11.6km/L エコカー減税 減税対象
排気量 3,456cc 車両重量 1,830kg
最高出力 206kW(280PS) 最大トルク 344N・m(35.1kgf・m)
立体駐車場への入庫 × リセールバリュー 中古車,査定,エスティマ

1990年にトヨタ自動車から販売開始されたエスティマは、当時『天才タマゴ』と呼ばれる画期的な外観で一世を風靡。
その未来的なスタイルで、高性能のニューコンセプトサルーンとして注目を集めました。

 

発売当初の駆動機構は2,400ccのガソリンエンジンを採用していて3ナンバーサイズになり、しかも296.5万円から335万円と高価すぎたためか、人気が上がらなかったようです。
2000年の1月6日に2代目エスティマが発売され、デザインは初代のタマゴ型を踏襲しているものの、ミッドシップエンジンがFFに変更されました。
このエンジン設置設計を変更したことにより、大型のエンジンを搭載することができるようになったので、V6の3,000ccと直4の2,400ccの2種類になりました。

 

このモデルチェンジをしたエスティマは丸みを帯びたスタイルを保ちながら、エンジンをカムリをベースしたものに変えることで前輪駆動となり、エンジンの大型化に成功しました。
さらにエンジンの前輪駆動化が車内の広さを確保することにつながり、ホンダのオデッセイと並んで日本国内に、ミニバンブームを引き起こしました。

 

このモデルチェンジの1年後に待望のエスティマのハイブリットが発売されました。この2代目エスティマは人気が高く、今でも中古車市場で高値で取引されています。

 

2001年6月にはハイブリッドモデルを追加したり、両側スライドドアやセンターメーターを採用するなどで、さらに人気が上昇しました。
2006年1月16日から発売された3代目エスティマは、2代目を更に進化したデザインとなり、特にフロント部分の斬新なデザインが人気を集めています。
内装も直線基調の広がりのあるデザインに変更され、シーケンシャルシフトマチックが搭載されるなどインテリアや駆動部分も変更されました。
ハイブリッドモデルでは20km/Lという低燃費を実現して相変わらずの人気を博しています。
その後2008年12月にマイナーチェンジがなされて以降、現在に至っていますが、2014年10月に残念ながら次期モデルがないという発表がありました。

 

現在販売されているグレードは、高価なものから順に「G」「アエラス」「X」となっています。また、アエラスには、上位タイプの「アエラス "レザーパッケージ"」も販売されています。
トヨタ車のパターンとして松竹梅理論で真ん中を一番お買い得にする傾向が強いですので、やはりエスティマのグレードではアエラスが一番人気です。

 

クルマの特徴

エスティマの3.5L車には「BEAMS 2GR-FE Dual VVT-i エンジン」が、2.4L車には「BEAMS 2AZ-FE VVT-i エンジン」が搭載されています。
特に、3.5L車に搭載されている「BEAMS 2FR-FE Dual VVT-i エンジン」はエスティマのフラグシップユニットとなっており、その地位に恥じないハイパフォーマンスを実現しています。

 

さらに、3.5L車にはオートマチック・トランスミッションの「6Super ECT」が搭載されており、優れた燃費性能に貢献しています。2.4L車には変速ショックの少ない「Super CVT-i」が搭載されています。
サードシートは、6:4分割・電動床下格納機能付サードシートが採用されており、スイッチ一つで床下へ収納し、大きい荷物も載せることができる広々とした荷室を作ることができます。

 

両側のスライドドアは電動式になっているので、狭い場所でも乗り降りをスムーズに行うことができます。操作は車内からはもちろんのこと、ワイヤレスリモコンからも行うことができます。
また、バックドアも電動式を採用しているので、荷物で両手がふさがっている場合でも楽に開けることができます。
安全面でも、坂道での発進をサポートするヒルスタートアシストコントロールや、センサーにより先行車との追突の可能性を低減するプリクラッシュセーフティシステムなどの機能が搭載されています。

 

 

燃費性能

3.5L仕様の2WD車が9.7km/L、4WD車が9.1〜9.4km/L、2.4L仕様の2WD車が11.4〜11.6km/L、4WD車が11.2km/Lとなっています。
全車が「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得しており、さらに2.4L車では「平成27年度燃費基準」を達成しています。

 

高額査定が続々!一括査定を試した結果は?

エスティマ(TOYOTA)ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!
ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

エスティマ(TOYOTA)年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。
年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

エスティマ(TOYOTA)結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。
社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

エスティマ(TOYOTA)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
エスティマ(TOYOTA) エスティマ(TOYOTA) エスティマ(TOYOTA) エスティマ(TOYOTA) エスティマ(TOYOTA) エスティマ(TOYOTA)
エスティマ(TOYOTA) エスティマ(TOYOTA) エスティマ(TOYOTA) エスティマ(TOYOTA) エスティマ(TOYOTA) エスティマ(TOYOTA)
エスティマ(TOYOTA) エスティマ(TOYOTA) エスティマ(TOYOTA) エスティマ(TOYOTA) エスティマ(TOYOTA) エスティマ(TOYOTA)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

プリウス(TOYOTA)
ハイブリッドフロンティア、すべてのハイブリッドカーはここから始まった、その名もプリウス。
プリウスPHV(TOYOTA)
[車買取の金額が無料でわかる]ひとつの車買取業者だけにクルマの査定を頼むのは損!損!損!いまは複数業者の見積もり査定を比べる時代!パソコンやスマホから簡単操作で最も高い査定額がひと目でわかる!
アクア(TOYOTA)
CMでもおなじみ、大人気のハイブリッドトヨタアクアの最新情報と査定相場について。
ヴォクシー(TOYOTA)
ノアの兄弟車としてファミリー向けに多人数の積載を可能としつつ、若者層に好評のデザインでミニバンの売れ筋筆頭のヴォクシー!
ノア(TOYOTA)
ライバルのひしめき合う中型ミニバンのジャンルにおいて最もユーザーに受け入れられてきたトヨタノア。3代目へのフルモデルチェンジを経て、ますます多くのファンを獲得しています。
カローラアクシオ(TOYOTA)
もはや説明不要。長らく日本国民にとって、自動車といえば、それはカローラを意味したと言っていいくらい愛されてきた、トヨタの主力車種。いまでは様々なタイプが存在しますが、その中でもここではセダンタイプのカローラアクシオをご紹介します。
カローラフィールダー(TOYOTA)
今ほどプリウスが普及する前のトヨタの代表的車種といえば、やはりカローラ。そんなカローラの派生車種として積載力を備え、最近ではキムタクのCMで若い人にも人気なのがワゴンタイプのカローラフィールダー。このフィールダーの特徴やリセールバリューについて詳細に解説しています。
オーリス(TOYOTA)
[車買取の金額が無料でわかる]ひとつの車買取業者だけにクルマの査定を頼むのは損!損!損!いまは複数業者の見積もり査定を比べる時代!パソコンやスマホから簡単操作で最も高い査定額がひと目でわかる!
マークX(TOYOTA)
[車買取の金額が無料でわかる]ひとつの車買取業者だけにクルマの査定を頼むのは損!損!損!いまは複数業者の見積もり査定を比べる時代!パソコンやスマホから簡単操作で最も高い査定額がひと目でわかる!
クラウンアスリート(TOYOTA)
カローラが大衆車の日本の大衆車の代表なら、クラウンは日本の高級車の代表。若い人や走りにこだわる人向けのグレードであるクラウンアスリートは、発売以来クラウンのファン層を広げるのに貢献!
クラウン ロイヤルシリーズ(TOYOTA)
日本を代表する高級セダンとして不動の地位を確立している、クラウンロイヤルシリーズ。
カムリ(TOYOTA)
カムリというと、日本国内ではバブル頃によく売れたイメージでしょうか。しかし北米ではトヨタで最も売れているモデルのひとつであり、いまだ強い支持を受けています。近年ではハイブリッドモデルに絞って最新技術が詰め込まれており、これからも目が離せません。
アルファード(TOYOTA)
トヨタが誇る大型高級ミニバン、アルファード。威風堂々とした外観と、旅客機のファーストクラスを思わせる室内空間で多くのファンを獲得してきました。そんなアルファードの歴史と、中古売買にあたって役立つ情報をご紹介します。
ヴェルファイア(TOYOTA)
トヨタのミニバンラインナップにおいてアルファードとともにフラッグシップとして君臨するヴェルファイア。圧倒的な高級感とファーストクラス並の快適性は、さすが王者の風格です。
ハリアー(TOYOTA)
クロスオーバーSUVというジャンルを確立した立役者といってよいトヨタハリアー。若者を中心に大人気の超モテ車!三代目になってますますスタイリッシュになりました。
86(TOYOTA)
かつて多くの若者を熱狂させたトヨタの86(ハチロク)。そんな86が、かつてみんなを夢中にさせた走りの楽しさを追求しつつ装いも新たに生まれました。そんな86の最新情報やリセールバリューについて解説しています。
ヴィッツ(TOYOTA)
いまや一番の激戦区であるコンパクトカー市場において、長期に渡って強い人気を誇るトヨタヴィッツ。小型車ならではの取り回しの良さと世代を問わず支持されるデザインで中古車市場でも人気のヴィッツの情報はこちら。
スペイド(TOYOTA)
ミニバンほど大きくなく、かといってコンパクトカーよりも広い室内空間を持ついわゆるプチバンの代表車種のひとつ、トヨタスペイド。ポルテの兄弟車として愛されるスペイドの中古車を高く売るための情報はこちら。
エスクァイア(TOYOTA)
トヨタの中型ミニバンといえば長らくノアとヴォクシーでしたが、2014年、それらに加えて新たに登場したのエスクァイア。アグレッシブなスタイルで従来のミニバンとは一線を画した存在です。そんなエスクァイアの情報はこちら。
パッソ(TOYOTA)
コンパクトカー市場の特徴は、女性ユーザーが多いこと。男性受けを意識したギラギラした車とは一線を画した、やさしいたたずまいが人気なのがトヨタのパッソ。いまやすっかり同社を代表するコンパクトカーとして定着しました。そんなパッソの中古車を高く売るための情報はこちら。
ポルテ(TOYOTA)
ミニバンほど大きくなく、かといってコンパクトカーよりも広い室内空間を持ついわゆるプチバンの代表車種のひとつ、トヨタポルテ。スペイドの兄弟車として愛されるポルテの中古車を高く売るための情報はこちら。
bB(TOYOTA)
デビュー当時、若者への強いアピールが印象的だったトヨタbB。いまだ強い人気があり、中古車市場でも活発な取引がされています。そんなbBの買取情報やリセールバリューについて解説しましたよ!
ランドクルーザー200(TOYOTA)
[車買取の金額が無料でわかる]ひとつの車買取業者だけにクルマの査定を頼むのは損!損!損!いまは複数業者の見積もり査定を比べる時代!パソコンやスマホから簡単操作で最も高い査定額がひと目でわかる!
ランドクルーザー・プラド(TOYOTA)
その驚異的な走行性能、10年ノーメンテでも壊れないと噂されるくらい頑丈なボディで世界中から大人気のプラド。そんなプラドの買取情報やリセールバリューについて解説しましたよ!
FJクルーザー(TOYOTA)
[車買取の金額が無料でわかる]ひとつの車買取業者だけにクルマの査定を頼むのは損!損!損!いまは複数業者の見積もり査定を比べる時代!パソコンやスマホから簡単操作で最も高い査定額がひと目でわかる!
RAV4(TOYOTA)
[車買取の金額が無料でわかる]ひとつの車買取業者だけにクルマの査定を頼むのは損!損!損!いまは複数業者の見積もり査定を比べる時代!パソコンやスマホから簡単操作で最も高い査定額がひと目でわかる!
ヴァンガード(TOYOTA)
[車買取の金額が無料でわかる]ひとつの車買取業者だけにクルマの査定を頼むのは損!損!損!いまは複数業者の見積もり査定を比べる時代!パソコンやスマホから簡単操作で最も高い査定額がひと目でわかる!
シエンタ(TOYOTA)
[車買取の金額が無料でわかる]ひとつの車買取業者だけにクルマの査定を頼むのは損!損!損!いまは複数業者の見積もり査定を比べる時代!パソコンやスマホから簡単操作で最も高い査定額がひと目でわかる!
ウィッシュ(TOYOTA)
[車買取の金額が無料でわかる]ひとつの車買取業者だけにクルマの査定を頼むのは損!損!損!いまは複数業者の見積もり査定を比べる時代!パソコンやスマホから簡単操作で最も高い査定額がひと目でわかる!