このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダデミオ

デミオの歴史とカタログスペック、販売台数データ

新車価格帯 135万〜194万円 おすすめグレード 13S
JC08モード燃費 24.6km/L エコカー減税 免税対象
排気量 1,298cc 車両重量 1,030kg
最高出力 68kW(92PS) 最大トルク 121N・m(12.3kgf・m)
月間販売台数 8,890台(2014年11月) リセールバリュー 中古車,査定,デミオ

デミオは、マツダが製造・販売している、コンパクトカーです。
初代が発売されたのが1996年と、とても長く愛されている車です。

 

1995年の東京モーターショーに「BU-X」という名前で出展され、翌年の1996年8月に発売。
当時ブームだったミニバンに追随する形で、既存の部品や機器を活用し、短期間で開発・販売されました。

 

2002年には、新世代小型車用プラットフォームを採用したモデルへモデルチェンジしています。

 

2007年に、車両重量を100kg近く削減した、3代目へモデルチェンジがなされました。
さらに、同年に開催された欧州カー・オブ・ザ・イヤーで日本車中最高の2位を獲得しました。

 

2014年には、日本仕様車初となるディーゼルエンジン搭載のグレードも用意された、4代目へモデルチェンジされました。
2012年のCX-5、2013年のアクセラと同様、チーターの走る姿をモチーフにした近年のマツダの基本デザインを踏襲しており、スポーティなルックスで人気を集めています。

 

4代目デミオへの好評価は外観だけにとどまらず、総合面で専門家からも高い評価を受け、2014年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

 

現行グレードは、「13C」「13S」「13S L Package」「XD」「XD Touring」「XD Touring L Package」の6グレードです。

クルマの特徴

「XD」「XD Touring」「XD Touring L Package」の3グレードに搭載されている、クリーンディーゼルエンジンは、
ディーゼル燃料の良さである、燃費がよくハイパワーであることをうまく引き出しています。
さらに、クリーンディーゼル補助金対象なのでお買い得です。

 

ガソリンエンジンを採用しているグレードでは、新世代の高効率直噴ガソリンエンジンであるSKYACTIV-G 1.3を搭載。

 

高剛性ボディにより、路面の凹凸などによる不快な振動を抑え込み、上質な乗り心地を実現しています。

 

シフトレバー手前には「SPORT」というスイッチが装備されており、このスイッチを押すことで、アクセル操作に対するレスポンスが速くなり、力強いスポーティーな走りを実現しています。

 

安全性能では、視認しにくい後方などからの車両の接近を知らせる、ブラインド・スポット・モニタリング機能を搭載。
さらにそのほかにも、無意識に車線から逸れそうな場合にドライバーに音で伝える、車線逸脱警報システムや、
低速時に前方車両との衝突を自動ブレーキで防ぐ、スマート・シティ・ブレーキ・サポート機能も搭載されています。

 

「インテリアの質感が高い」「コンパクトカーと思えないような加速感を得ることができる」「ディーゼルの安さと車両の燃費の良さで、経済的」など、全体的に高評価を得ています。
初代が発売されてから19年経っていますが、根強い人気で、未だに人気が衰えていません。
2014年の発売した新モデルは日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

 

燃費性能

「XD」「XD Touring」「XD Touring L Package」の2WD MT車では30.0km/L、2WD AT車では26.4km/L、4WD AT車では22.8km/Lとなっています。

 

「13C」「13S」「13S L Package」の2WD AT車では24.6km/L、2WD MT車では21.8km/L、4WD AT車では20.6km/Lとなっています。

 

 

インテリジェント・ドライブ・マスターが搭載されており、走行中のコーチング機能、走行終了後のティーチング機能により、燃費を抑えるドライブスキルをアップさせることができます。

 

アイドリングストップ機能であるi-stopが全車に標準装備されているので、余計な排出ガスや消費燃費を抑えることができます。

高額査定が続々!一括査定を試した結果は?

デミオ(MAZDA)ディーラー下取りより20万円アップで売却成功!
ディーラー下取りではローンの残金以上の買取額を提示されなかったのでダメもとで一括査定を利用。まさかの20万円アップで売却できました!
(H.N 40代・男性)

デミオ(MAZDA)年式の古い車でも思わぬ値段がつきました。
年式が古かったりして、むしろ処分にお金を払う必要があるんじゃないかと危惧していたんですが、むしろちゃんとした金額で買い取ってもらうことができました。いろんな業者から見積もりを取れたのが勝因ですね。
(K.I 40代・男性)

デミオ(MAZDA)結婚を機に売却を検討。誠実な業者さんと出会えました。
社会人になると同時に買った思い入れのある車。高値で売れるのも大事だけど、車への思いを理解してちゃんと対応してくれる業者さんに出会えてすごく満足です。
(E.R 20代・女性)

デミオ(MAZDA)

一括査定依頼ができる車買取業者(※一部掲載)
デミオ(MAZDA) デミオ(MAZDA) デミオ(MAZDA) デミオ(MAZDA) デミオ(MAZDA) デミオ(MAZDA)
デミオ(MAZDA) デミオ(MAZDA) デミオ(MAZDA) デミオ(MAZDA) デミオ(MAZDA) デミオ(MAZDA)
デミオ(MAZDA) デミオ(MAZDA) デミオ(MAZDA) デミオ(MAZDA) デミオ(MAZDA) デミオ(MAZDA)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

CX-5(MAZDA)
マツダが満を持して送り出した、フルスカイアクティブのCX-5!いままでの国産ミドルクラスSUVらしからぬリニアな走りと優れたデザインで、発売されるやいなや多くのユーザーを虜にした超人気車種。
CX-3(MAZDA)
近年激しい競争が繰り広げられているコンパクトSUV市場に、最近絶好調のマツダが満を持して送り込んだのがCX-3。CX-5の弟分と思いきや、機能も風格も独立した堂々たる存在。今後ヒットが確実なCX-3についてはこちらで紹介しています。
ロードスター(MAZDA)
2シーターオープンカーといえばマツダロードスターというほど代表的な存在。世界中に熱狂的なファンを持つこのクルマは、一度乗ったらその爽快な心地の虜になってしまいます。2015年には10年ぶりの新モデルが発売されるロードスターの歴史についてはこちら。
アテンザ(MAZDA)
マツダのフラッグシップモデルであるアテンザ。魂動(こどう)デザインを反映した現行モデルは見た目の美しさだけでなく、走りや質感の面でも素晴らしい出来になっています。そんなアテンザの特徴や燃費、リセールバリューなどについてはこちら!
アクセラ(MAZDA)
マツダの世界戦略車であるアクセラ。Cセグメントというライバルにプリウスやゴルフなどがひしめく世界的に最も競争の激しいポジションにあって、強い存在感を見せつけています。そんなアクセラを高く売るための情報はこちら。